たつと仲間たちのほーむぺーじではHIV,AIDS,エイズ,性感染症に関する情報を扱っております。
トップページへ移動します
HIV基礎
感染疑惑を繰り返さないために
私(カプリス)の思うところ
体験談
掲示板
チャットルーム
パスワード発行申し込み
よくある質問Q&A
外部ページへのリンク集

このページは、同じ過ち(予防なしのセックス)を繰り返さない為にはどうすれば良いのかを当サイトのメンバーである、のんだくれえもん氏SHINOBI氏のお二方に解説していただいております。お二人様ありがとうございました。この場を借りまして、御礼申し上げます。

〜このページの趣旨〜

結論からいいますと、
不安行為があって検査を受けた→陰性だった→再び不安行為をしてしまった →HIVに感染してしまったという方が増えている現状に対し、同じことを繰り返さない、不安だった時のことを忘れない為に具体的にどうすれば良いのか。どういう事を心がければ良いのかを解説していきます。

HIV検査が陰性だった方達へ

BY のんだくれえもん

まずは検査の結果が「陰性」でよかったですね。

しかし、今回の「陰性結果」は将来も彼方にHIVが感染しないことを保障するのもではありません。「こんな思いはもうしたくない」今はそんな気持ちでしょう。しかし人は「忘れやすい」動物です。同じことを繰り返す人は多く居ます。(ここのメンバーにも…)

Sexする時は「コンドームを正しく」使いましょう!コンドームを使うのは「最低限」のリスク管理です。もちろんそれ以上の対策があるならぜひ実行なさってください。

よく、「相手を疑っているようで悪いし」「嫌われたらどうしよう?」「愛しているから…」「俺は大丈夫」とか聞きますが、相手の方は良知っている信頼できる人でもその人が前に付き合っていた人は?さらにその人が付き合っていた人は?コンドームを使わずにSexすることは相手の方が以前付き合っていた人ともSexすると言うことと同じです。

今や「コンドームを正しく使って」Sexするのはマナーでありエチケットです。

コンドームの使用を拒否するような相手とはSexするべきでないでないですね。

何よりも彼方自身の為にセィファーなSexを心がけてください。

同じ行為を繰り返さないために

SHINOBI
  1. 自身の行為のリスク相当を知る
  2. 具体的に云々って入る前に自分はこれが一番大事なことだと思うんです。恥ずかしながら自分も含めてでしたが、あまり行為としては重度ではないことも多いので。従って仮に再び同じことを失敗してしまった…ということがあっても、場合によっては検査を受けなくともよいと思われることもあります。

    もっと言えば、初回の「失敗」と思われた行為も実は「失敗」な(検査に相応する)行為ではなかったという事も往々にしてあるということです。もちろん今後もバンバンやってくださいと言っているわけではありませんよ。

    そしてそれがある程度知識だけでも振り分けが出来れば、自身にかかる負担というものは飛躍的に減ります。少なくとも初回に悩んだ時よりもその負担は少ないです。今まで知識が足りなかった…という方はあれもこれもで辛いのはもちろんわかります。しかしながら、これをきっちりやるかやらないかは今後自身がどうなるかという大げさにいえば分岐にもなります。ほんのちょっとのことでいいんです。このHPにいらした機会に自身の行為の可能性を、そしてどうして(可能性の大小についてです)なのか?というものをぼんやりとでいいので一度知ってみてください。

  3. 受身よりも能動態で
  4. 「…されてしまった」という書き方(行為説明としての…される「表現」は除きます。 例:フェラされる方、受身のフェラ等)・文章を目にします。 もちろん自身の前にあの人が現われなければ…と思う事も多々あると思います。 しかしながら、医療ミス事故やレイプ等の故意の行為以外はやはり自分にも過失割合という意味では半々のものが生じてくると思います。 やはり書き込みの多くはヘルスに行って…というものが多いです。 しかし風俗のお姉さんも客から病気なんかもらいたくないはずです。

    書き込みの中には露骨にさも自分は被害者だから…みたいなものがあります。 ある程度考えが偏りがちになるのは仕方のない事ですが、 本音を言えば相手を一方的に中傷・非難するような考えは個人的には望ましくないのではないかと思います。 逆に言えばあなた自身が検査を受けた事がなく、 且つコンドームを使用したことがない行為が過去にあったのならば反対の立場(行為のあった相手ですね) からしてみればやはりあなたと全く同じことを考えているかもしれません。 つまりは同じ対等な立場です。 なので、相手の方を一方的に責め立てる表現はほどほどにお願いしたいと思います。

  5. コンドームを使う
  6. これは他の方におまかせします。
    HIV基礎の正しいコンドームの使い方を参照してください)

  7. 風俗に行かないはNG(女性の方は 3.で終わり。まとめへお進みください。)
  8. これはある意味完璧な対策に思われがちなんですが、肝心かなめのところが抜けていて、今後絶対行かないって言ってた方が再び…ということが結構あります。むしろ考えるべくはどうやったら行かなくなるか?ということではないでしょうか。しかしそれについて具体的なプランを考え出すことはかなり難しいでしょう。僕も具体的なプランはありません。今後行くかもしれません。絶対行かないから大丈夫というのは説得力に欠けざるを得ないのが現状です。ちなみに友人が元風俗お姉さんと付き合っていました。昼のバイトで知り合ったのがきっかけで付き合い、そしてひょんなことからわかったみたいですが、お姉さん方も一歩外に出れば普通の女の子なので、見分けるのは難しいと思いますよ。

    仮に風俗のお店が宝塚歌劇団なみの競争率で、現役・OGも含めたところでその数は限られるから彼女らと性行為はもたないようにしようという話ならばまだ百歩譲ってわからなくもないですが、お店は国内でもたくさんあります。過去に勤めていたという方も大勢いるでしょう。それでも素人ならば大丈夫、玄人ならば危険と安易に言えますでしょうか?それくらい風俗に行かないということは説得力に欠けてしまうということですよね。

  9. 〜 まとめ 〜
  10. と言いましても実は自分は同じ失敗(このHPに関わるような行為で)を繰り返す事はそれほど悪い事だとは思いません。では何がまずいのかと言うと、同じ失敗をして同じ慌て方をしている事がまずいのだと思います。自分が前にお世話になったHPでそこの関係者の人に言ってもらった言葉があります。

    「同じ石で転んでもいい。でも次転ぶ時は受身を覚えろ。同じ転び方をして同じところをケガしていてはダメだ。」

    そして、その言葉に関してのエピソードがあります。以前、かのお世話になりましたHPで 1. を満足にしないうちにフェードアウトして、忘れた頃にまたフラッとやってきて(初めて書き込んでいた時と別の行為です。同じく軽度の行為)2. のくだりを最悪にしたような何も進歩のない文章を書いていた人がいました。で、挙句の果てに慌てふためきまくって、初めて来たばっかりの人(この方は逆に検査が必要だといういわゆるリスク行為です)に激励されていました。普通逆ですよね。個人的にはどうしようもないなと思います。

    もちろんここまでひどい人は極端でしたが、1. を満足にしないとどうしても次に同じ行為をした場合に苦しんでいた方が多かったですね。 自分としては、ある程度自身の中で昇華・解決できるとまではいかないまでも、初回に心配指数MAX100だったとしたら、今度は70〜60くらいまで下がって、知識も蓄えたしこの前より落ち着きがあるという程度であれば十分だと思います。それこそ1でも前回よりも指数が下がっていればいいことだと思っています。

    それともう一つですが、風俗に行くことも悪い事とは思いません。確かに行くよりは行かない方がもしもの時に数字自体が発生しません(正しく言えば発生の率の分母が減るですね)からいいのですが、1. や 3. をしっかりしていれば全く問題ないことだと思います。

    結局のところ、なかなか完璧な人はいません。また絶対同じ失敗をしたらダメだということもありません。それとPCばっかり見てないのが最良のリラックス法だと思いますよ。